...

2019年11月09日

eSRU第14期第11講案内

eシルクロード大学(eSRU)第14期第11講案内です。

日時:2019年11月21日(木)18:00〜19:30
講師:潟nイデックス・和島 会長 和島英雄氏 
演題:「送電業務にeラーニングで『共育』を!!」 
場所:ユビキタス協創広場 U-cala
   道札幌市中央区北1条東4丁目1-1
   サッポロファクトリー1条館1階
   http://www.uchida.co.jp/company/showroom/canvas/sapporo/index.html
内容:少子高齢化や新卒採用の売り手市場で技術系の人材確保が難しくなってきています。世代交代が急速に進む中、人材育成の早期化や若年層への技術継承は電力会社の各部門で共通の課題となっています。この現状に対処するため電力業界、特に送電に的を絞って、人材育成や研修制度と「e ラーニング」の組み合わせについて考え、送電に関する「e ラーニングシステム」の構築に関する試案について語る予定です。
posted by esre at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学

eシルクロード大学(eSRU)第14期第10講

eシルクロード大学(eSRU)第14期第10講は、
2019年10月24日(木) 18:00〜19:30
講師に潟Aイワード社長奥山氏をお迎えし、
「アイワードのカラー写真復元技術〜フジテレビの『お直しさん』から〜」の演題で
お話を伺いました。
場所はいつものユビキタス協創広場U-calaでした。

 演題にもある通り、今年(2019年)9月27日に全国放送されたフジテレビ「ニッポンの超絶技巧!直美・千鳥のこまったときのお直しさん」でアイワード社の褪色カラー写真のデジタイズ復元が紹介されました。番組で取り上げられた褪色写真は60年前のスカルノ大統領とデヴィ夫人の写真で、放送された復元技術とそれに取り組む現場や技術開発の実際が奥山社長から語られました。
 カラー写真は光の当たっていないところで長年置いておくと全体が赤っぽく変化します。これは暗褪色と呼ばれるもので、イエロー色素とシアン色素の劣化によるものです。一方、明るいところに長年置いておくと全体が青っぽくなり、マゼンタ色素の劣化による明褪色となります。デヴィ夫人の写真ではこの両方の褪色が重なったもので、その復元は非常に困難だったとの事です。また、写真はガラス板の下にあって、ガラスに張り付いて剥がす事が困難だったため、ガラス越しの復元作業となりました。この場合、ガラスの影響を除く必要があります。
 復元作業は写真データをデジタル化して、ピクセルを相手の作業となります。ガラスの効果を軽減するフィルターを用い、ガラスの影響を除きました。復元作業の過程で現れて来たゴミのようなものも一つひとつ取り除いて行きます。褪色写真の色空間を測定し、カラー写真の色空間に近づけるようにピクセル事に計算により色情報の加減算を施して、復元を行っていきます。この時復元に用いる計算式は元の色情報が褪色により変化した基準が必要で、写真中の物体で色が特定できるものを探して、実際の色が褪色写真でどのように変化しているかを調べたりして行います。
 復元作業は気の遠くなるような作業の連続であると紹介されました。褪色写真の色空間をピクセル毎の色情報操作でより褪色以前の色空間に近づける作業を試行錯誤的に繰り返して行われました。最終的に復元されたデヴィ夫人の写真では、何も写っていないと思われたところにシャンデリアが写っていたり、椅子の色が金色でデヴィ夫人の衣服の透けた様子等が見事に再現されています。復元された若き頃のデヴィ夫人が美しかったのはいうまでもありません。
 アイワードの褪色カラー写真復元は東京大学総合研究博物館より同館収蔵の遺跡のカラー写真の復元の依頼から始まり、途中から北海道大学の研究者との共同研究が行われました。科学的根拠による新しい復元技術が開発され、研究成果は「多項式近似に基づく褪色カラーフィルムのデジタル画像復元」(2016年3月)として北海道大学の研究者とアイワードの関係者の連名の論文として電子情報通信学会の論文誌に発表されています。その成果もあり、美術品の写真の褪色復元の依頼もあり、国立博物館で美術品の資料を参考に復元作業を行ったお話もありました。
 聴講者からこの技術をもっと世の中に広めるシステムを考えては、といった指摘がありました。紹介された技術は現在のところ研究段階にあるとの事です。もっと簡易な復元技術に関しては、価格表も示された同社のサービスとして提供されています。同社で出版を行う際に持ち込まれた写真原稿を復元した例もあるそうです。因みに研究開発的なデヴィ夫人の写真の復元例の費用は20万円に設定したそうです。
 出席者は13名でした。
講義中の奥山氏A.jpg
(講義中の奥山氏)

ビジネスEXPO出展案内ハガキA.jpg
(ビジネスEXPO出展案内ハガキ)

10・24(その3)デヴィ夫人 復元されて 綺麗なりA.jpg
(講義風景:ここをクリックでパノラマ写真
posted by esre at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学

2019年10月03日

eSRU第14期第10講案内

eシルクロード大学(eSRU)第14期第10講案内
日時:2019年10月24日(木)18:00〜19:30
講師:潟Aイワード社長 奥山敏康氏 
演題:「アイワードのカラー写真復元技術〜フジテレビの「お直しさん」から〜」         場所:ユビキタス協創広場 U-cala
   道札幌市中央区北1条東4丁目1-1
   サッポロファクトリー1条館1階
   http://www.uchida.co.jp/company/showroom/canvas/sapporo/index.html
内容:アイワードは学術・芸術の書籍を扱う印刷会社です。近年、色褪せたカラー写真が印刷原稿として入稿してくる場合があります。褪色したカラー写真を復元する技術は世界のどこにもないことからアイワードの自社開発がおこなわれています。その技術開発の経過から今回のテレビ番組取材で行った内容を紹介していただきます。なおテレビ番組については秘境100選のブログ記事(http://hikyou.sakura.ne.jp/v2/2019/09/928_11.html)にも載せてあります。
posted by esre at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学

2019年09月23日

eSRU第14期第9講

eシルクロード大学(eSRU)第14期第9講は、
2019年9月19日(木) 18:00〜19:30
講師に北海道科学大学教授三橋龍一先生をお迎えし、
「CFを契機に本格的にスタートした衛星プロジェクト」の演題で
お話を伺いました。
場所はいつものユビキタス協創広場U-calaでした。

 最初に北科大の三橋教授からの自己紹介があり、旭岳と手稲山間での超微小電力無線通信実験に協力していただいた登山愛好家の名和田氏の簡単な紹介もありました。
 三橋教授は大学教授以外に「NPO法人 大学宇宙工学コンソーシアム(UNISEC)」 理事と「NPO法人 北海道宇宙科学技術創成センター(HASTIC) 」理事として宇宙工学の研究と共に学生や企業の宇宙開発の支援活動を行っているとのことです。宇宙との関わりは1996年に宇宙科学研究所の所長を定年退官された秋葉鐐二郎先生が、北海道工業大学(現 北海道科学大学)の教授として着任し、その時に研究室が隣であったという縁から始まったとのことです。そのため、1996年4月に国から承認され開発が始まった「はやぶさ」の第一回設計会議などにも出席する機会もあり、宇宙開発の現場に興味を持ったそうです。
 1997年頃から大学や高専での宇宙開発を支援する組織の立ち上げに関わり、その組織が2003年にNPO法人として東京都から認められたUNISECで、2017年には国連のオブザーバーとして公式に承認されるに至ったそうです。2003年にCubeSatと呼ばれる10cm×10cm×10cmサイズの打ち上げと運用に東大と東工大が成功し、日大の衛星が2006年7月にロケットの打ち上げ失敗により、2006年9月に三橋教授が主要メンバーであった北海道キューブサット開発プロジェクトチームが開発した「HIT-SAT」がチームとしては世界で3番目の打ち上げ成功事例となりました。
 CubeSatという超小型衛星とはいえ、地球周回軌道上を飛行する本物の人工衛星であることから、HIT-SATの開発から運用までの苦労は多く、三橋教授には再び衛星を開発する気持ちは無かったそうです。しかし、顧問を務める「宇宙開発研究同好会」(HIT-SAT開発の学生たちが立ち上げた)が昨年度からUNISEC総会や活動報告会に積極的に参加するようになり(6名の学生が自己負担で会場であった東大などに行ったとのことです)、さらに昨年度に国際宇宙ステーション(ISS)から放出されたCubeSatの運用管制にかかわったことから再び人工衛星を開発することを三橋教授は漠然と考えていたそうです。そこに2019年3月16日に開催された「2019年北海道科学大学オープンキャンパス・大学プレゼンテーション」でユニークな研究活動をしている3名の教員のうちの1人として三橋教授が選ばれ、600人を超える高校生や保護者の前でプレゼンテーションを行い、学園設立の2024年までに再び道産衛星を打ち上げる活動を行っていることを公表する経緯が加わります。プレゼンテーションの内容は、入試課・広報課・外部委託業者と検討してまとめ内容であることからオープンキャンパスにふさわしいと判断されたそうです。
 衛星開発プロジェクトは学内と大学を志望する高校生らへは周知したものの、学外へも広報したいと考えていたところ、7月18日のeシルクロード大学(eSRU)で北海道新聞社が運営するクラウドファンディング(CF)「find H」に関する同社の惣田氏の講義を受講して、その場で三橋教授はCFを行う決心をしたとのことです。実際に僅か8日後にCFをスタートさせています。CFは学内では初めてのことであることから三橋教授は非常に苦労をしました。しかし、最終的に道新が運営するCFであるという信頼性から学内で公式にCFの実行を認められたそうです。CFの目的はお盆期間に秋田県で開催される「能代宇宙イベント」への参加を応援するものであることから、募集期間は2週間と短期であったため、目標金額を10万円と比較的少額に設定しましたが、最終的にはfind Hでは過去最高となる212%の支援達成率になり、学内外に対する広報目的で行ったことから考えると大成功でした。
 CF実行中に三橋教授の大学の先輩でもある中本氏に衛星開発の相談をしたところ、非常に興味を持ってもらえ、技術面と広報は全面的に、さらに打ち上げ資金の調達にも協力していただけることになったとのことです。HIT-SATの開発時の主要メンバーであった熱設計の専門家である北海道大学の戸谷教授と赤平市の植松電機の植松社長の了解が得られ、構体設計等のプロである安中氏も全面的に協力していただけることになったそうです。また、中本氏は自身の人的ネットワークの広さを活用して、衛星開発に必要なエンジニア等の協力を得ることにもすでに成功しているとのことです。JARLやJAMSATさらにはCQ出版も巻き込んだ大きなイベンを考えていると聞いています。
 開発する超小型衛星の主目的はSDR(ソフトウェアラジオと呼ばれるもの)を活用した超微小電力でのデータ伝送であるとのことで、9月4日に登山愛好家の名和田氏の全面協力を得て、旭岳山頂と手稲山間の約150kmの距離で最小1mWの通信実験を行い、当初の目標レベル以上の通信実験に成功したそうです。旭岳山頂での実験で登山協力者が必要であったのは、実験機材を三橋教授がリュックに入れて運ぶことと安全面のサポートをしていただくためであったとのことです。衛星プロジェクトが広く認識された際には、この通信実験から始まったことを広報材料にすることが主目的の実験であったそうです。
 最後に、衛星プロジェクトの進行状況についての話がありました。衛星はISSから1UサイズのCubeSatを放出するもので、J-SSODと呼ばれるISSの日本実験棟「きぼう」から放出する方式で行うとのことです。その事業の認定をうけているSpace BD社と9月11日に第一回目の打ち合わせを北科大内で行い、衛星の目的・放出までの過程や費用の概要がまとまったとのことです。現在のところ、2020年度の打ち上げを予定しているそうです。北海道内では、大樹町のmomoロケットの打ち上げなど宇宙開発の盛り上がりがみられるものの、一般の人にはなかなか興味を持ってもらえないことも現実です。そこで、ロケットと衛星の両方を道内で行うことにより北海道を日本の宇宙産業の中心としたいとのことで活動を行っていると三橋教授のお話でした。

出席者は8名でした。
講演中の三橋教授A.jpg
(講義中の三橋教授)

UNISECへの参加A.jpg
(UNISECへの参加の様子)

通信実験のスライドA.jpg
(旭岳―手稲山間超微小電力通信実験)

9・19(その4)衛星の 打ち上げ目指す 努力かなA.jpg
(講義風景:ここをクリックするとパノラマ写真
posted by esre at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学

2019年09月07日

eSRU第14期第9講案内

eシルクロード大学(eSRU)第14期第9講案内です。
日時:2019年9月19日(木)18:00〜19:30
講師:北海道科学大学教授 三橋龍一先生 
演題:「CFを契機に本格的にスタートした衛星プロジェクト」
場所:ユビキタス協創広場 U-cala
   道札幌市中央区北1条東4丁目1-1
   サッポロファクトリー1条館1階
   http://www.uchida.co.jp/company/showroom/canvas/sapporo/index.html
内容:北海道科学大学の「宇宙開発研究同好会」では、特に昨年(2018年)からCubeSatと呼ばれる超小型衛星の開発を本気で取り組む元気がある学生が部員となり、本格的に活動を開始しています。その同好会の顧問であり、初の道産衛星となった超小型衛星「HIT-SAT」の開発チームの主要なメンバーであった同大三橋龍一教授が同会を支援し、衛星プロジェクトのスタートの準備を行ってきています。昨年度からの学内の活動に加え、学外的にはクラウドファンディング(CF)で衛星プロジェクト活動の広報に努められてきています。本年7月26日に開始した前記CFから現在に至るまでの経緯について解説していただきます。項目は下記となる予定です。
〇2019年北海道科学大学オープンキャンパスでの衛星プロジェクトの紹介の様子
〇北海道新聞社のCF find Hでの広報活動
〇衛星通信の予備段階としての旭岳と手稲山間(約150 Km)の通信実験
〇JAXAの超小型衛星放出事業に係わる準備状況
posted by esre at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学

2019年08月25日

eSRU第14期第8講

 eシルクロード大学(eSRU)第14期第8講は2019年8月22日(木)18:00〜19:30、爪句結社「秘境」社主の肩書で筆者(青木曲直)が「爪句集全40巻出版を顧みて」のテーマで講義を行いました。 場所はいつものユビキタス協創広場 U-calaでした。

 爪句集の出版は2008年1月に第1集「爪句@札幌&近郊百景」を出版してから2019年8月に第40集「爪句@クイズ・ツーリズム−鉄道編」出版まで続いています。出版を始めた契機とその後について新聞記事を見返しながら話を進めました。
eSRU1・朝日新聞A.jpg
(朝日新聞・北海道版爪句記事・2011年10月23日)

 爪句集の最初の頃は普通の写真に5 7 5の俳句(もどき)の画像ファイル名を添えていました。写真の編集方式の「サムネイル(親指の爪)」に採用した句なので「親指の爪の句」、縮約して「爪句」とした筆者の造語を紹介しました。写真はその後ドローンを飛ばしての空撮パノラマ写真も加わり、印刷したQRコードをタブレットやスマホで読み込む事で360°の全視界が表示されるものに発展して来て、その全球空撮パノラマ写真をPowerPointの表示画面からネットを介してサーバーから取り出すデモも行いました。
eSRU2・北科大空撮A.jpg
(北科大空撮写真を載せた爪句集)

 爪句をビットコインで支払える工夫を行った例も紹介しました。ただし、ビットコインの日本円に対する価格変動が激し過ぎ、本の「定価」という意味が無く、不定価の本代が支払われる事は実際的でない点の説明もしておきました。
eSRU3・ビットコインA.jpg
(ビットコイン定価表示の爪句集)

 俳句は日本語では5 7 5の17音であるのを中国語に対応付けると3 4 3漢字(音)、計10漢字(音)で同じくなりそうで、中国語俳句として10音句を広めたいという筆者のアイデアも紹介しておきました。
eSRU4・十音句A.jpg
(十音句に関する道新コラム・2011年11月24日)

 今回出版した40集目の爪句集「爪句@クイズ・ツーリズム−鉄道編」はクラウドファンディング(CF)も利用しています。
eSRU5・F1A.jpg
(爪句集第40集の出版と全40集寄贈プロジェクトのクラウドファンディング)

 第40集の爪句集とこれまで出版した全40集を大学、高校の図書室や道立文学館、語学学校への寄贈プロジェクトもCFの目標に組み込まれていて、その成果の紹介を行いました。
eSRU6・爪句集寄贈A.jpg
(爪句集全40集の寄贈成果)

 北海道新聞本社のDO^Boxで10月2日〜4日までアイワード主催の自費出版・記念誌展が行われる予定で、コーナーの一つは爪句集出版となる予定です。
eSRU7・自費出版展A.jpg
(自費出版展の案内)

 筆者の講義後は各自持ち寄りの飲み物と摘まみで出席者のほぼ全員にスピーチをしていただきました。以下に写真を並べておきます。奥山敏康氏はアイワードの社長よりは共同文化社の社長としてのお話でした。里見英樹氏は筆者とのマダガスカル旅行がタイ・カンボジア旅行になった話に触れられていました。中本伸一氏はソフトバンクが3兆円以上で英国のアーム(ARM)社を買収したら、技術者が同社を飛び出して同社のCPUを公開して誰でも使えるようにした、といった話題の提供です。イーストマンクラフト社長の新山将督氏と同社の社員のベトナム人グエン ティ ツー チンさんは爪句集40巻を札幌の語学学校に寄贈した経緯と、新山氏がこれからベトナムに爪句集を持って行き、ベトナム語での翻訳の可能性の検討に触れられていました。三橋龍一北科大教授はこれから超小型人工衛星を打ち上げることで頭がいっぱいな様子の話でした。宇宙工学大御所の秋葉鐐二郎先生はこの勉強会のように人が直に会って話すと色々アイデアが出てくるものだ、とコメントされていました。北海道新聞のクラウドファンディング部門を立ち上げた惣田浩氏は立ち上げ後の事業の状況について話されていました。無名会を主宰されている石黒直文氏は中国語の素養があり、筆者の十音句の話が興味深かったとの事でした。伊藤組100年記念基金事務局長の池田敏博氏には同基金の紹介を行っていただきました。元共同出版社社員の長江ひろみさんは爪句集出版に長い事関係してこられたお話の披露です。長江さんが手作りで持ち込んだ食べ物を賞味する時間が無くて、これは大変失礼しました。以前ダットジャパンに居て、現在は道外の企業に転職した柿崎保生氏にはダットジャパン勤務の頃にカレンダー出版にお世話になっています。勉強会常連の福本義隆氏には締めでお話をしていただきました。出席者は14名でした。
奥山敏康氏A.jpg
(奥山敏康氏)
里見英樹氏A.jpg
(里見英樹氏)
中本伸一君A.jpg
(中本伸一氏)
新山将督氏A.jpg
(新山将督氏)
グエン ティ ツー チンさんA.jpg
(グエン ティ ツー チンさん)
三橋龍一教授A.jpg
(三橋龍一教授)
秋葉鐐二郎先生A.jpg
(秋葉鐐二郎先生)
惣田浩氏A.jpg
(惣田浩氏)
石黒直文氏A.jpg
(石黒直文氏)
池田敏博氏A.jpg
(池田敏博氏)
長江ひろみさんA.jpg
(長江ひろみさん)
柿崎保生氏A.jpg
(柿崎保生氏)
福本義隆氏A.jpg
(福本義隆氏)
8・22(その3)スピーチ中の奥山敏康氏A.jpg
(スピーチ中の奥山敏康氏:ここをクリックでパノラマ写真
8・22(その3)スピーチ中の里見英樹氏A.jpg
(スピーチ中の里見英樹氏:ここをクリックでパノラマ写真
8・22(その3)スピーチ中のグエン ティ ツー チンさんA.jpg
(スピーチ中のグエン ティ ツー チンさん:ここをクリックでパノラマ写真
posted by esre at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学

2019年07月22日

eSRU第14期第8講案内

eシルクロード大学(eSRU)第14期第8講案内です。
日時:2019年8月22日(木)18:00〜19:30
講師:爪句結社「秘境」社主 青木曲直氏 
演題:「爪句集全40巻出版を顧みて」
場所:ユビキタス協創広場 U-cala
   道札幌市中央区北1条東4丁目1-1
   サッポロファクトリー1条館1階
   http://www.uchida.co.jp/company/showroom/canvas/sapporo/index.html
内容:2008年1月1日に第1集「爪句@札幌&近郊百景」を出版してから2019年9月に第40集「爪句@クイズ・ツーリズム−鉄道編」の出版までを振り返り、出版の動機、全球パノラマ写真の印刷の工夫、ドローンによる空撮写真の採用、クラウドファンディングによる出版、クイズ・ツーリズムの提唱等につき解説を行います。爪句が新しい趣味として発展し、デジタル文芸の新ジャンルの創作活動となり得る可能性についても論じます。さらに、クラウドファンディングの支援と伊藤組100年記念基金の助成を受けて行っている爪句集全40巻の公共施設等への寄贈プロジェクトについても紹介します。
 なお、当日は記念パーティ風講演会ですので、参加者各自で飲み物やおつまみ等を用意してください。参加費等は徴収しません。参加者にスピーチをお願いする事がありますので、ご了承ください。
posted by esre at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学

eSRU第14期第7講

 eシルクロード大学(eSRU)第14期第7講は、2019年7月18日(木)18:00〜19:30、講師に北海道新聞社営業局営業推進部の惣田浩部長をお迎えし、「北海道新聞のクラウドファンディング「find H」その狙いと展望」 の演題でお話を伺いました。場所はユビキタス協創広場 U-calaでした。
 お話は惣田氏の自己紹介からです。氏は佐呂間町出身の1963年生まれで、高校は北見、明治大学法学部卒後北海道新聞社に入社しました。函館支社広告部を皮切りに、東京・札幌・釧路などの本支社勤務の後2018年7月に本社営業局営業本部でクラウドファンディング(CF)の立ち上げ準備に入り、2019年7月にCF「find H」(http://find-h.jp)のローンチに漕ぎつけました。
 講義の始めではCFに関する簡単な解説があり、CFが群集(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語の紹介もありました。CFの市場性の紹介があり、市場規模は指数関数的に拡大しており、2017年度統計では支援金額は1700億円で、支援者数は137万人に達しています。
 世界的に見ると2016年には1兆円を超え、2025年には9兆円規模に達すると予想されています。世界最高額のCFとしてスマートウオッチ開発資金として約20億円を集めた例の紹介がありました。
 CFの仕組みの解説がありました。CFは大まかに分類すると寄付型、購入型、金融型に分けられfind Hでは金融型は扱っていません。資金の受け取り方としては目標金額に達した場合に支援金の受取りとリターン(返礼品)の発送を行うもの、目標金額に達しなくても支援金の受取りとリターンの発送を行うもの、募金のような目標金額を定めないものがあります。プロジェクト開始前にいずれかを選択する事になります。
 CFの調査データの紹介がありました。ふるさと納税者が42%で、CFとふるさと納税には親和性があるとの事でした。CFの会社の取り扱い高のデータもあり、Readyforが16.8%の首位で、道内に特化したACT NOWも5.8%と健闘しています。日本の大手CF企業や新聞社のCFについての紹介がありました。支援者の支援理由は、趣旨に賛同、面白そう、興味があった、リターンが魅力的、関係者のファンといったところが主なものです。
 CFの1/3の原則というものがあり、友人知人、友人知人からの広がり、新規ユーザーのそれぞれで1/3の支援者を確保するというものです。しかし、実態としては身の回りからの支援者が主体です。支援者がプロジェクトを知るきっかけは色々あっても、支援テーマによっては情報の経路が大きく異なり、CFの総論としては語れないとの事でした。まとめとしてクレジット決済への抵抗感が強い(特に高齢者)、「お金で支援」という文化は地域にとって大事、小額だと返礼品が大変、地域特化型サイトが健闘している、などがあげられていました。
 今回立ち上げた北海道新聞のCFの目的は北海道の活性化に寄与する事で、収益事業ではなく、新聞社としての社会的貢献に重きを置いたものであるとの説明がありました。このため北海道に関連したプロジェクトに限定し、プロジェクトオーナーとは必ず会ってプロジェクト完了まで併走する方針であるとの事です。
 新聞社である点の利点を生かして、紙面にプロジェクトの紹介を行いたいとのお話もありました。現在募集しているプロジェクトで紙面での紹介例もありました。Find Hのスタートから2週間の時点での感想の披露がありました。プロジェクトの相談は予想以上に多い。北海道には頑張っている人、地域のために活動している人、面白いことをやりたい人が沢山いる。CFは甘くはなく、支援の成功はテーマ次第のところがある。等々のお話がありました。
 質問として、既存のCFのACT NOWとの棲み分けとfind Hのセールスポイント、find Hが北海道新聞に広告をどのようにどのくらいの頻度で載せるか、実際に公開するまでの手続き等がありました。この講義後、早速公開の下準備に入った聴講者もおり、多分近々公募が開始されるのではないかと予想されます。
 聴講者は5名でした。
講義中の惣田氏A.jpg
(講義中の惣田氏)

find Hの広告例A.jpg
(find Hの広告例)

7・18(その4)講演が 生み出す成果 期待なりA.jpg
(講義の会場風景:ここをクリックでパノラマ写真
posted by esre at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学

2019年07月04日

eSRU第14期第7講案内

eシルクロード大学(eSRU)第14期第7講案内です。

日時:2019年7月18日(木)18:00〜19:30
講師:北海道新聞社営業局営業推進部 惣田 浩部長  
演題:「北海道新聞のクラウドファンディング「find H」その狙いと展望」
場所:ユビキタス協創広場 U-cala
   道札幌市中央区北1条東4丁目1-1
   サッポロファクトリー1条館1階
   http://www.uchida.co.jp/company/showroom/canvas/sapporo/index.html
内容:北海道新聞社が新しくクラウドファンディング事業(:http://find-h.jp)を立ち上げました。これを機に同社の新事業の狙い等を責任者の惣田部長からお聞きします。お話の内容は以下です。
◇北海道新聞社がクラウドファンディングを立ち上げた狙い
◇クラウドファンディングの市場性
◇北海道新聞のクラウドファンディング「find H」の特徴
◇現在進行中のプロジェクトとその傾向
◇北海道新聞社が目指すクラウドファンディングとは
posted by esre at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学

2019年07月03日

eSRU第14期第6講

 eシルクロード大学(eSRU)第14期第6講は、2019年6月20日(木) 18:00〜19:30
講師に札幌国際大学観光学部講師 陳堯柏(チェン ヤオボ)先生をお迎えし、
「テクノロジーの発展と語学学習の多様化」の演題でお話を伺いました。
場所は、ユビキタス協創広場U-calaでした。
 講義は、陳先生の自己紹介から始まりました。先生は、台湾出身で兵役を終了後、アメリカの大学に留学しComputer Information Systemを専攻されました。大学卒業後、アメリカの会社に就職しテクニカルサポートエンジニアとして活躍しました。その後、アメリカのニューハンプシャーにある大学で英語教育について学び、台湾で英語学校の経営に携わったのち、現在は、札幌国際大学で英語および中国語教育に携わっています。
 講義では、語学学習における道具の歴史をふりかえり、プロジェクター、カセットテープ、CDプレーヤー、ビデオやDVD、コンピュータ、SkypeなどのチャットやYouTubeを使った語学教材の紹介がありました。語学学習の次世代教材は、AIになるのでは?という予測もあり、興味深い内容でした。
 陳先生は、テクノロジーの発展に伴う教材などの多様化が、実際にどれだけ語学の上達に貢献しているのか、また、語学学習では学習者のモチベーションをどのようにして高めるのかが重要な課題であると考えています。
 参加者からは、
・語学学習はスポーツの練習に似ているのではないか?
・リスニングラボはなくなる?
・翻訳機があれば語学を学習しなくても良いのではないか?
・日本語のあいまいな部分を考えた場合、AIが翻訳できる日本語が正しい日本語であるとなってしまうのではないか?
・多言語を習得した人は、アウトプットをしない時はどの言語で考えているのか?
などの興味深い質問があり、活発な議論が繰り広げられました。
 参加者は8名でした。

講演中の陳先生1A.jpg
(講演中の陳先生)

講演中の陳先生2A.jpg
(講演中の陳先生)

陳先生講演スライドA.jpg
(講演のスライドから)

6・20(その3)良く喋る トリリンガルの 講師かなA.jpg
(講演風景、ここをクリックでパノラマ写真
posted by esre at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学