...

2016年05月27日

eSRU第11期第5講

eシルクロード大学(eSRU)第11期第5講は
2016年5月26日(木)18:00〜19:30
講師に竃k海道霊芝代表取締役の尾北紀靖氏をお迎えして、
「霊芝事業で地域創成振興を目指す」の演題で講義を行って
いただきました。場所はいつものユビキタス協創広場 U-calaでした。
 尾北氏は央幸設備工業(株)の会長でもあり、建設業界の仕事の先細りを見越して、周囲の反対を押し切り、霊芝事業を興しています。講義では1940生まれの尾北氏の生い立ちの話から始まり、美唄工業高校の夜間部を卒業し、「立川工業」に入社、28歳で倒産状態の「エスケー工業」を引き受け再生させ、現在の央幸設備工業につなげています。若い時から現場主義を貫き、取引先の信頼を得ることで仕事を展開させてきています。
 ある時、北海道で霊芝栽培事業を試みた企業が話題になり、この企業の栽培事業の失敗の現場を見て、央幸設備の技術力をもってすればこの失敗を乗り越えられると尾北社長は考えました。そこで霊芝栽培を行う霊芝事業部を央幸設備内に創設します。そして2009年極めて難しいとされる鹿角霊芝の人工栽培に成功しました。その成果により(株)北海道霊芝の新会社を設立し、商品化研究を開始し、2011年には開発商品の霊仙命湯シリーズが札商の北のブランドに認定されています。同年より海外マーケットへ販路を拡大して来ています。
 講義の直前まで霊芝事業に関連し、ベトナム、香港、韓国、東京と出張を連続して行っていて、講義には千歳空港から駆けつけています。一時期、健康に優れなかったのが、強行軍の海外出張を続けられるようになったのも霊芝の服用のお陰であると、自身の体験が霊芝事業を展開する強力な理由にもなっています。
 霊芝事業の展開と並行するように、人口減少は学校の統廃合を招き、出身地の美唄市でも廃校になった西美唄小学校が売りに出されました。西美唄小学校の校舎約3000u、土地4000uを2015年8月に美唄市から購入、校舎を利用するための調査と設備更新に着手しています。丁度地方(地域)創世が政府の重点政策になって来て、霊芝栽培と商品化を核にして政策実現に寄与できないか、北尾氏は検討を重ねています。
 そのため、2016年美唄市と西美唄小学校利活用で協議調整を始めています。同年7月には美唄市に農業生産法人を設立し、5名の現地雇用を予定しています。2017年8月から産業6次化で原料生産から商品製造・販売・輸出の予定が視野に入っています。海外からの施設見学が6年間で毎年6社〜8社と年々増加しています。
 ただ、課題も多くあります。中央や地方の行政府が、上から目線で地域創世を唱えても物事が前に進む訳でもなく、もっと創世事業に当たる当事者へのきめの細かな支援をせねば、地域創世は掛け声だけのものになってしまいます。北尾氏もこの課題に直面していて、生まれ育った美唄の地を何とかしたいという思いが、課題と向き合う原動力になっていると心情を吐露されていました。
 出席者は6名で、全員旺煌の試供品をいただきました。
 講義終了後軽い飲み会で、講師に講義料を支払っていないのに、逆に講師から参会者の飲み代を出してもらい、恐縮したところです。

鹿角霊芝を前に講義する尾北氏A.jpg
(鹿角霊芝を前に講義する尾北氏)

講義風景2A.jpg
(講義風景)

旺煌試供品A.jpg
(配られた旺煌試供品)
posted by esre at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学

2016年05月12日

eSRU第11期第5講案内

eシルクロード大学(eSRU)第11期第5講案内です。

日時:2016年5月26日(木)18:00〜19:30
講師:竃k海道霊芝代表取締役 尾北紀靖氏
演題:「霊芝事業で地方創成振興を目指す」
場所:ユビキタス協創広場 U-cala
   北海道札幌市中央区北1条東4丁目1-1
   サッポロファクトリー1条館1階
   https://www.uchida.co.jp/company/showroom/u-cala.html
内容:央幸設備工業霊芝事業部は2009年極めて難しいとされる鹿角霊芝の人工栽培に成功
した。その成果により(株)北海道霊芝の新会社を設立し商品化研究を開始し、2011年には
開発商品の霊仙命湯シリーズが札商の北のブランドに認定された。同年より海外マーケット
へ販路を拡大して来ている。
 2015年8月に美唄市から西美唄小学校の校舎約3000u、土地4000uを購入、校舎を利用
するための調査と設備更新に着手した。2016年美唄市と西美唄小学校利活用で協議調整を
始めた。同年7月には美唄市に農業生産法人を設立し、5名の現地雇用を予定している。
 2017年8月から産業6次化で原料生産から商品製造・販売・輸出を予定している。
 海外からの施設見学が6年間で毎年6社〜8社と年々増加している。
posted by esre at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学