...

2016年06月20日

eSRU第11期第6講

eシルクロード大学(eSRU)第11期第6講は
2016年6月16日(木)18:00〜19:30
講師に北海道科学大学教授三橋龍一氏をお迎えして、
「最新の遭難者探査システムの動向」の演題で講義を行って
いただきました。場所はいつものユビキタス協創広場 U-calaでした。
 遭難者の言葉を耳にすると山岳や海でのものが頭に浮かび、高齢者より若い世代が目立ち、北海道警察の統計でもそうなっています。しかし、山で死亡事故を起こすのは多くは山菜採りの高齢者で、これは統計上は事故死で遭難者には分類されていません。三橋先生の最近の研究テーマは、山菜採りで道がわからなくなった、主に高齢者を探索する方法やシステムについてで、ごく最近の実験成果を提示した研究成果がスライドや動画で示されました。
 最近の携帯電話はGPSモジュールの内臓が義務付けられていて、遭難者からの110番、119番、海難の場合の118番通報から位置情報を特定できるので、山菜採りに携帯電話等の端末を携行して行くのが事故防止に役立ちます。しかし、何等かの事情で携帯電話やビーコンに類した携帯装置が使えない状況で、事故者を見つける方法が望まれます。
 最近実用的になって来たドローンを飛ばして山菜採りの事故者を見つけるのが三橋先生の研究テーマです。事故者は最初の入山地点から数キロ程度の笹薮等のところに居るものと過去のデータが示しています。上空数百mのドローンから半径数キロ〜数十キロmを動画で観察できます。この程度の上空のドローンの飛行音は事故者の耳に達する可能性が大きい事を三橋先生はフィールド実験で確かめていて、事故者はドローンの飛んでいる方向を認識できます。
 次に、携帯電話以外で山菜採りの人が常識的に携帯するものとしては、1)衣服、2)採った山菜を入れる袋、3)軍手、4)タオル、5)帽子、6)その他刃物等です。これらのものを振ることで、ドローンにより地上で動くものがある事を、条件がよければ容易に確かめられます。その現地実験結果のデータを動画で示していただきました。
 背丈を越す笹薮の中では見に付けた物を振ることが出来ないのではないかの懸念に対しては、足で笹薮を踏みつけて、上空に開いた空間でドローンで認識できるように物を振ることが出来ることも、実際に実験で確かめています。
 さらに事故者が居ると確認できれば、デジタルアマチュア無線機をドローンに積んで、事故者の居るところに落下させるとか、ドローンそのものを落下させます。もし、事故者が無線機を手にすれば呼びかけを行うことができ、事故者を安心させることが可能です。事故者が無線機で会話する可能性もあります。無線機もドローンも事故対応ということであれば壊れても元は取れるというものです。
 ただ、ドローンの弱点は1)雨に弱い、2)風に弱い、事が挙げられます。そこで三橋先生はこれらの弱点に対応するため、雨が降っても、風があっても(風がある方が好都合な場合もある)凧を利用する研究も始めています。ヘリウムを閉じ込めた風船を凧の役目をさせるもので、ハイブリッドカイトと呼んでいます。ハイブリッドカイトにカメラを搭載してドローンをカイトに置き換えるアイディアの研究は始まったばかりだそうです。ヘリウムを購入する研究費が不足で、スポンサーが居ないかとのお話でした。道警の遭難者救援担当部署からの助言を研究に役立てたい希望も⁷述べられていました。
 三橋先生は超小型人工衛星の製作や、宇宙に放出された超衛星との通信を行う等の実績があり、糸川英夫先生の直弟子である宇宙工学の権威の秋葉鐐二先生に相談を持ち込める事もあって、eSRUの当日北科大まで秋葉先生に出向いてもらい、ハイブリッドカイトの問題点解決方法につき討論されたそうです。その際、秋葉先生が実質的に開発に関わったペンシルロケットの模型が三橋先生の手元にあったので、これに秋葉先生のサインを入れてもらったそうで、将来はなんでも鑑定団に出品できるようなお宝になりそうです。
 参加者は5名でした。

講義中の三橋先生A.jpg
(講義中の三橋先生)

講義風景A.jpg
(講義風景)

秋葉先生サイン入りのペンシルロケットの模型と「はやぶさ」の設計計画書A.jpg
(秋葉先生サイン入りのペンシルロケットの模型と「はやぶさ」の設計計画書)



講義時のパノラマ写真A.jpg

(講義時のパノラマ写真)
posted by esre at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学

2016年06月04日

eSRU第11期第6講案内

eシルクロード大学(eSRU)第11期第6講案内です。

日時:2016年6月16日(木)18:00〜19:30
講師:北海道科学大学教授 三橋龍一氏
演題:「最新の遭難者探査システムの開発動向」
場所:ユビキタス協創広場 U-cala
   北海道札幌市中央区北1条東4丁目1-1
   サッポロファクトリー1条館1階
   https://www.uchida.co.jp/company/showroom/u-cala.html
内容:登山者が遭難したり、山菜取りで行方不明になる事故が後を絶ちません。
そこで、手軽に空撮ができるマルチコプター(通称、ドローン)を使用した
遭難者探査システムが今年に入ってから多数提案されています。
しかし、山菜取りの行方不明者の多くは笹薮等の中にいることが多く、
空撮による捜索を困難にしています。
最新の遭難者の探索システムの開発動向の解説を行うとともに、講演者が
研究・開発中のシステムの概要を報告します。
posted by esre at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学