...

2017年07月30日

eSRU第12期第8講案内

eシルクロード大学(eSRU)第12期第8講案内です。

日時:2017年8月17日(木)18:00〜19:30
講師:エコモット代表取締役 入澤拓也氏
演題:AI×IoTで北海道の未来を開拓
場所:ユビキタス協創広場 U-cala
   北海道札幌市中央区北1条東4丁目1-1
   サッポロファクトリー1条館1階
   http://www.uchida.co.jp/company/showroom/canvas/sapporo/index.html
内容:
 2017年6月に札証アンビシャスに上場を果たしたエコモットの
 AI×IoTの最新の取り組みや、北海道の未来をどう変えていくのか?
 また、創業からこれまでの道程やこれからの展望について語っていただきます。
posted by esre at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学

eSRU第12期第7講

 eシルクロード大学(eSRU)第12期第7講は
2017年7月20(木)18:00〜19:30
講師に主宰者の青木、北海道霊芝社長尾紀靖北氏、
ジャストイングリッシュ社長宮崎昭人氏、北海道科学大学
(北科大)教授三橋龍一氏をお迎えして、「北海道鉄道写真館
及び空デーニァ写真館」の演題でお話を伺いました。
場所はいつものユビキタス協創広場U-calaでした。

 北海道霊芝が購入し、霊芝栽培工場にしている旧西美唄小学校にJR北海道の駅のパノラマ写真を展示する「北海道鉄道写真館」を新設し、現在209駅の写真と説明文を掲示した写真館の紹介が青木北科大客員教授よりありました。事の経緯と写真館開設に関しては北海道新聞(岩見沢・南空知版)に掲載され、北科大の広報掲示板にも新聞コピーが貼り出されました。また「プレス空知」の取材と同紙掲載もありました。
 旧美唄小学校を購入した経緯と、そこで北海道霊芝(と央幸設備工業)が取り組んでいる霊芝栽培については、尾北社長から紹介がありました。霊芝に関しては以前「eシルクロード大学」で尾北氏が講師で講義がありました。
 北海道写真館と並んで「空デーニァ写真館」も新設されており、空デーニァ・プロジェクトについては同プロジェクトを推進している宮崎昭人氏から説明がありました。ついでに、北海道を初めて西洋に伝えたと思われるイタリア人宣教師ジローラモ・デ・アンジェリスの追跡調査に関する紹介がありました。同宣教師は世界で初めてアイヌ語を文字として記録し、初めて北海道地図を描写した西欧人と考えられているそうです。宮崎氏とダビデ・ウィケドウ氏の調査が進めば北海道の歴史に一節を加えることになるかもしれません。
 「北海道鉄道写真館」立ち上げで協力していただいた三橋教授は、最新のドローン「Spark」を会場に持ち込み、実際に室内での飛行実演を行っていただきました。このドローンはジェスチャーコントロールが可能で、出席者の長江さんがジャスチャーコントロールに挑戦していました。ドローンで撮影した出席者の写真や、ドローンで撮影し合成したパノラマ写真を載せておきます。
 出席者は講師を含めて11名でした。

7・22(その2)写真館 開設記事を 重ね撮りA.jpg
北海道鉄道写真館新聞(道新)報道記事と北科大広報掲示)

講演する宮崎氏A.jpg
(講演する宮崎氏)

講演する三橋氏A.jpg
(講演する三橋氏)

Sparkと長江さんA.jpg
(Sparkをジェスチャー操縦する長江さん)

SparkeSRU記念撮影A.jpg
(Sparkによる記念撮影)

7・21(その2)室内で 空撮パノラマ 最初なりA.jpg
(Sparkによる空撮パノラマ写真
posted by esre at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学

2017年07月13日

eSRU第12期第7講案内

eシルクロード大学(eSRU)第12期第7講案内です。

日時:2017年7月20日(木)18:00〜19:30
講師:パノ鉄本舗代表 青木由直氏(+三橋龍一氏他関係者)
演題:北海道のJR駅(+空デーニァP)写真館構想
場所:ユビキタス協創広場 U-cala
   北海道札幌市中央区北1条東4丁目1-1
   サッポロファクトリー1条館1階
   http://www.uchida.co.jp/company/showroom/canvas/sapporo/index.html
 パノ鉄本舗は全道のJR駅の全球パノラマ写真撮影を完了し、写真はパノ鉄本舗のサイト(http://www.panotetsu.com/)で見ることができます。ネットだけでなく、写真を直に見ることができる写真館を、央幸設備工業(株)が買い取り霊芝栽培の工場としている旧西美唄中学校に開設し、充実したものにするプロジェクトについて、これまでの経緯の説明と今後の展開を紹介します。また、空知とイタリア・サルデーニァ島を結ぶ「空デーニァ・プロジェクト」(http://sora-degna.com/)の一環としての写真館構想についても併せて説明します。
posted by esre at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学

2017年07月02日

eSRU第12期第6講

 eシルクロード大学(eSRU)第12期第6講は
2017年6月15日(木)18:00〜19:30
講師にルチア学習塾塾長・社会福祉士の間島幸雄氏をお迎えして
「子供食堂1年間の取り組み」の演題でお話を伺いました。
場所はいつものユビキタス協創広場U-calaでした。

 間島氏は、地域の仲間と共に経済的理由で十分な食事をとれない子供に温かい食事を与え学習指導をボランティアで行っております。豊かな社会に成ったはずの我が国は実際には所得格差が広がり、貧困問題が深刻になってきている現状の現場からの問題提起でした。講義内容を箇条書きで列挙しておきます。

@ 日本は格差が拡大し低所得層がさらに貧困に陥っている。
A @につれて子どもの貧困割合も1/6人になる等、非常に深刻になっている。
B 貧困は様々な精神疾患や人間関係の悪化をもたらし、未来への失望を生んでいる。
C 本来、貧困を防ぐ生活保護制度やその他の児童手当増額等福祉制度で対応すべきであるのに、政府はそれをしようとしていない。
D 子供貧困対策法を制定し、子ども食堂等、ボランティアを活用する限定的で安上がりな方法で対処しようとしている。
E 貧困からの脱出の基本は経済の活性化である。しかし、アベノミクス等日本の経済政策は景気回復に成功していない。ますます格差が増加している。少子高齢化し急激な人口減が進行している
F 大きな政策の変更が必要である。経済活性化のトリクルダウンという大企業支援重視策を止め、弱者への福祉予算を大幅に増額する。
G 政治・民間部門は既得権益者(エスタブリッシュメント)で占められており、「岩盤」と表現されるほど改革が難しくなっている。新たな政策を策定・実施するには日本の政治・経済のシステム全体の変更が必要である。これは憲法の大改正(分権等)につながる問題である。
H 日本の経済政策を決定する際注意しなければならないのは米国の意思である。日本の労働者階層の貧困化の一大原因は派遣労働者法の改悪であるが、派遣労働者の職種の規制を取り払い、非正規労働者の大幅増→正規労働者減→給与所得減→購買力減=内需減→不況を招いている。この派遣労働者の規制を取ることを要求したのは米国であり、これに従い要求を取りいれた。(日本ではあまり重要視されてきていないが、年次改革要望書により米国は多くの日本にとって大切な経済的要求を実現してきている)

 出席者は8名でした。

講義中の間島氏A.jpg
(講義中の間島氏)

講義風景(2017・6・15)A.jpg
(講義風景)

6・15(その2)貧困に 光届くか ルチア塾A.jpg
(講義風景のパノラマ写真
posted by esre at 04:36| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学