...

2017年07月30日

eSRU第12期第8講案内

eシルクロード大学(eSRU)第12期第8講案内です。

日時:2017年8月17日(木)18:00〜19:30
講師:エコモット代表取締役 入澤拓也氏
演題:AI×IoTで北海道の未来を開拓
場所:ユビキタス協創広場 U-cala
   北海道札幌市中央区北1条東4丁目1-1
   サッポロファクトリー1条館1階
   http://www.uchida.co.jp/company/showroom/canvas/sapporo/index.html
内容:
 2017年6月に札証アンビシャスに上場を果たしたエコモットの
 AI×IoTの最新の取り組みや、北海道の未来をどう変えていくのか?
 また、創業からこれまでの道程やこれからの展望について語っていただきます。
posted by esre at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学

eSRU第12期第7講

 eシルクロード大学(eSRU)第12期第7講は
2017年7月20(木)18:00〜19:30
講師に主宰者の青木、北海道霊芝社長尾紀靖北氏、
ジャストイングリッシュ社長宮崎昭人氏、北海道科学大学
(北科大)教授三橋龍一氏をお迎えして、「北海道鉄道写真館
及び空デーニァ写真館」の演題でお話を伺いました。
場所はいつものユビキタス協創広場U-calaでした。

 北海道霊芝が購入し、霊芝栽培工場にしている旧西美唄小学校にJR北海道の駅のパノラマ写真を展示する「北海道鉄道写真館」を新設し、現在209駅の写真と説明文を掲示した写真館の紹介が青木北科大客員教授よりありました。事の経緯と写真館開設に関しては北海道新聞(岩見沢・南空知版)に掲載され、北科大の広報掲示板にも新聞コピーが貼り出されました。また「プレス空知」の取材と同紙掲載もありました。
 旧美唄小学校を購入した経緯と、そこで北海道霊芝(と央幸設備工業)が取り組んでいる霊芝栽培については、尾北社長から紹介がありました。霊芝に関しては以前「eシルクロード大学」で尾北氏が講師で講義がありました。
 北海道写真館と並んで「空デーニァ写真館」も新設されており、空デーニァ・プロジェクトについては同プロジェクトを推進している宮崎昭人氏から説明がありました。ついでに、北海道を初めて西洋に伝えたと思われるイタリア人宣教師ジローラモ・デ・アンジェリスの追跡調査に関する紹介がありました。同宣教師は世界で初めてアイヌ語を文字として記録し、初めて北海道地図を描写した西欧人と考えられているそうです。宮崎氏とダビデ・ウィケドウ氏の調査が進めば北海道の歴史に一節を加えることになるかもしれません。
 「北海道鉄道写真館」立ち上げで協力していただいた三橋教授は、最新のドローン「Spark」を会場に持ち込み、実際に室内での飛行実演を行っていただきました。このドローンはジェスチャーコントロールが可能で、出席者の長江さんがジャスチャーコントロールに挑戦していました。ドローンで撮影した出席者の写真や、ドローンで撮影し合成したパノラマ写真を載せておきます。
 出席者は講師を含めて11名でした。

7・22(その2)写真館 開設記事を 重ね撮りA.jpg
北海道鉄道写真館新聞(道新)報道記事と北科大広報掲示)

講演する宮崎氏A.jpg
(講演する宮崎氏)

講演する三橋氏A.jpg
(講演する三橋氏)

Sparkと長江さんA.jpg
(Sparkをジェスチャー操縦する長江さん)

SparkeSRU記念撮影A.jpg
(Sparkによる記念撮影)

7・21(その2)室内で 空撮パノラマ 最初なりA.jpg
(Sparkによる空撮パノラマ写真
posted by esre at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学