...

2017年09月28日

eSRU第12期第10期は出版記念会となります

 eSRU(eシルクロード大学)第12期第10期は
下記出版記念会に代えます。

「『2018年北海道の絶景空撮パノラマ写真カレンダー』・
『爪句@北科大物語り』出版記念会」

日時:10月19日(木)午後6:00〜8:00
場所:テレビ塔2Fライラック
会費:3000円、参加と爪句集購入の方3500円
参加とカレンダー購入の方4000円
参加とカレンダー・爪句集購入の方4500円
申込先:青木まで(aoki@esilk.org @は英小文字で)
posted by esre at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学

eSRU第12期第9講

 eシルクロード大学(eSRU)第12期第9講は
2017年9月21日(木)18:00〜19:30
講師に道立総合研究機構・工業試験場研究主幹大村功氏をお迎えして、
「画像を使ったセンサの話」のテーマでお話を伺いました。
場所は何時ものユビキタス協創広場 U-calaでした。

 大村氏は1986年北海道大学工学部応用物理学科を卒業し、後に同大学博士号(情報工学)を取得しています。工業試験場ではディジタル回路、画像処理分野の研究に従事して現在に至っています。

 講演では,北海道立総合研究機構で研究開発に取り組んでいる画像センサについての紹介がありました。

 大村氏が取り組んでいる画像センサは,パソコンを用いず,撮像センサとFPGA(プログラム可能なLSI)で構成したもので,小型で高速な処理が特徴です。画像の処理は,北大で開発した,屋外での安定した「画像照合」が可能な方向符号照合と呼ばれる方法を基本処理として使っています。独自にハードウェア処理回路を構成することで高速な処理が可能となっています。同じ構成と基本処理のまま,さまざまなセンサへの応用開発を進めており,講演では,いくつかの開発中の応用事例の紹介がありました。

 農作業車両向けの速度センサとしては、地面の画像を捉えてミリメートル単位での動きを計測する速度センサを,作業機の安全確保に向けたセンサとしては人などが車両前方へ入ったことを警告するセンサを,また,人と同じように2つの画像で距離計測するステレオビジョンセンサにより3次元画像を行うセンサなどへの応用に関する研究紹介がありました。特にステレオビジョンセンサは,研究中の除草作業支援ロボットにおいて,ぶどう樹を見つけるセンサとして活用しているとの事です。

 近年道内では大小のワイナリーでのブドウ生産が盛んになり、特に大規模ワイナリーでは人出不足もあり、ブドウ畑の下草刈りにロボットが利用できるようになれば北海道の特色ある農業支援システムとなり得ます。その実用化のための開発研究の途上にあり、研究で苦心談の紹介がありました。

 紹介されたセンサ技術は今後も色々な分野に焦点を当て、研究開発を進めていき,最終的には道内企業において実用化を目指しているとの事です。

 なお、北海道立総合研究機構工業試験場は道内企業の技術支援を目的とした機関です。講義で紹介されたお画像センサの技術は、要望に応じて道内企業への技術移転が可能だとの事です。

 出席者は9名でした。

講義中の大村氏A.jpg
(講義中の大村氏)

講義風景・大村氏A.jpg
(講義風景)

9・21(その3)画像処理 昔の研究 忘れけりA.jpg
講義のパノラマ写真
posted by esre at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学

2017年09月01日

eSRU第12期第9講案内

eシルクロード大学(eSRU)第12期第9講案内です。

日時:2017年9月21日(木)18:00〜19:30
講師:道立総合研究機構・工業試験場研究主幹 大村功氏
演題:画像を使ったセンサの話
場所:ユビキタス協創広場 U-cala
   北海道札幌市中央区北1条東4丁目1-1
   サッポロファクトリー1条館1階
   http://www.uchida.co.jp/company/showroom/canvas/sapporo/index.html
内容:
 工業試験場で研究開発してきた画像センサについて、
原理と応用をわかりやすく紹介します。
○ものを見るための超基本原理「画像照合」
○瞬時に判断するための高速処理
○センサへの応用
  ・動く速度を測る・・・車速センサ
  ・距離を測る・・・ステレオビジョンセンサ
  ・動く方向を測る・・・進路侵入検知センサ
  ・最適なピント位置を測る・・・合焦センサ
  ・見通しの悪さを測る・・・視程センサ
○ロボットへの応用
  ・除草ロボット

 なお、講義は一般向けの内容となっています。
posted by esre at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学

eSRU第12期第8講

 eシルクロード大学(eSRU)第12期第8講は
2017年8月17日(木)18:00〜19:30
講師にエコモット代表取締役入澤拓也氏をお迎えして、
「AI×IoTで北海道の未来を開拓」のテーマでお話を伺いました。
場所は何時ものユビキタス協創広場 U-calaでした。
 入澤氏の興した会社「エコモット」は今年(2017年)6月に札幌証券取引所のアンビシャス市場に上場しています。同市場には長らく新規上場会社が無かったところ、今年の2月に「フュージョン」の上場があり、それに続いての上場で、話題の会社(経営者)になっています。伝え聞くところでは、ノートパソコン1台、10万円の資金で創業し、10年で上場に漕ぎつけたとの事で、札幌のIT業界でのサクセスストーリーになっています。
 講演での氏の自己紹介では、札幌平岸高校を卒業後、米国ワシントン州にあるカレッジを卒業しています。このアメリカ留学は映画監督を夢見てとの事でした。2002年にクリプトン・フューチャー・メディア((株)に入社して、音楽コンテンツ制作を手掛けています。制作した携帯の着信メロディを「Sony Ericsson」に売り込んだエピソード紹介がありました。筆者が関係していたプロジェクト「eシルクロード」でも韓国企業の「エマシス」社とクリプトン社の提携に入澤氏も関わっていた話があり、当時の事を思い出しました。
 入澤氏はクリプトン社の「初音ミク」がブレークする前の2007年2月に同社を退職し、現在の会社を創業しています。会社経営上からも経営に関する学問的な知識が必要と、小樽商科大学大学院に入学し、MBAを取得しています。
 演題にもあるように、エコモットはIoT市場でAIを武器にビジネスを展開しようとしています。これからの社会は、人口減少はあっても「物」は増え続けるので、インターネットを介して「物」と結び付くサービスは拡大が見込めます。事実、従来のICT市場の規模は大きくても、その伸び率は0.1%/年であるのに対して、IoT市場のそれは12%との試算があり、現在の市場の全体規模は小さくても、将来性のある分野であるとの紹介がありました。
 近年のAI技術の急速な発展は、サイバー空間でのビッグデータを利用した分析や判断の正確さが基礎にあります。このAI技術と現実世界を、センシング技術、通信技術、インターネットを介して結び付けることで利用価値のあるサービスを開発し、社会に提供する事を同社の使命にしています。
 具体的な同社の開発サービス例として、駐車場の融雪システムの紹介がありました。従来は積雪の状態を人間が見て融雪装置のスイッチの開閉を行っていました。ここで、過去の積雪画像のデータをAIで分析することで、人の判断からAIによる判断で装置のスイッチ操作をします。こうする事で、融雪のためのエネルギー代を節約できる事が実証されています。このサービスは札幌だけでなく本州でも採用され、会社の規模が拡大しています。
 AIに関連した話題で、近未来に人工知能に取って代わられる職業の紹介(米国)があり、その上位に小売店販売員、会計士、一般事務員、セールスマン、一般秘書などが並びます。アメリカで利用が拡大している移動手段のUBERの話題も出て、JR北海道が路線を廃したら、UBERや自動運転技術による自動車移動システムの開発による対処法も今後の可能性があるだろうとのお話でした。
 入澤氏は北海道の発展にAI、IoT技術を活用する事にこだわりを持っています。北海道の直面する解決を求められている課題のキーワードには「離農」、「JR問題」、「カジノ」、「高齢化」等があります。これらのいずれにも技術的なサービス開発が求められ、同社も関与していきたいとの希望が語られました。
 これらの問題をより多くの人の知恵で解決していく事や、同社の発展のヒントを得るためにも、積極的に他社との関わりを持っていこうとして、入澤氏は業界団体の役職にも就いて講義います。「北海道IT推進協会」常任理事、「北海道モバイルコンテンツ・ビジネス推進協議会(HMCC)協会」常任理事、「NPO法人札幌ビズカフェ」副理事長等々で活動の範囲を広げています。
 入澤氏の好きな言葉として紹介されたものに、「一人では何もできない。しかし一人が始めないと何も始まらない。」がありました。現在37歳の入澤氏の大きな夢を別の会合で聞いた事があります。夢の実現性はさておいて、若さを武器にこれからの発展が期待されます。
 出席者は9名でした。

講義する入澤氏A.jpg
(講義する入澤氏)

講義風景A.jpg
(講義風景)

8・17(その3)耳にする 第三世代 世の変わりA.jpg
講義風景のパノラマ写真
posted by esre at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学