...

2019年05月05日

eSRU第14期第4講

eシルクロード大学(eSRU)第14期第4講は
2019年4月18日(木) 18:15〜19:30
講師に潟Cークラフトマン&イークラフトマン・ベトナム代表取締役
新山将督(のぶすけ)氏をお迎えし、「ベトナムマーケットにおけるける自社戦略―
拡大成長するアジアマーケット、北海道IT企業の挑戦」
の演題でお話を伺いました。場所はいつものユビキタス協創広場U-calaでした。

 講義に先立ち、新山氏の自己紹介がありました。出身は札幌で札幌の電子計算機専門学校卒業後、札幌のシステム会社に就職し15年間在籍しています。13年前に単身独立で5年前にベトナムに現地法人を設立しています。3年前に小樽商科大学院を卒業してMBAを取得しています。趣味としてウオーキングがあり、滝川で行われている100 kmウオーキングやオランダで行われている4ディマーチにも参加しています。読書とアレクサも楽しんでいます。
 新山氏の会社は情報システム・サービスの開発提供会社です。札幌にあるイークラフトマンとホーチミン市にあるイークラフトマン・ベトナムで事業展開を行っています。流通業、物流業に特化した情報システムの開発を行っており、業界が必要とするEDI、受発注、入出荷、製造、請求支払いなどの一連の管理システムの開発と提供をしています。
 ベトナムに進出後は、システム開発をベトナム現地で行うことにより、システム開発のノウハウを国際標準化時代に対応させようとしています。今年から関東以北、北海道で最初の電子決済等代行業者として認定されたのに伴い、地元銀行と連携して金融EDI、法人の電子決済サービス提供を目指して企業努力を行っています。
 ベトナムでのビジネス展開では、日本では予想外の事態が発生し、それに対処する必要がありました。「費用がどこかの会社経由で清算される」、「社員の身内に病気がはっせいして社員が休む」、「遠くの身内も病気になり社員が世話をする」、「手戻りが多く、言い訳も多い。ダブルワークが多く、成果が少ない」等に最初に対処できなかった事がビジネス展開に際して足を引っ張りました。
 しかし、「郷に入っては郷に従え」の言葉通り日本から進出して何ができるかを考えて実践することで、ベトナムでのビジネスも目鼻が整ってきており、これからの発展に期待を持っています。
 これまでの企業経営で「先手必勝、敵を知り己を知ることで、次の一手を狙う」事を戦略としています。
出席者は6名でした。
講義中の新山氏A.jpg
(講義中の新山氏)
イークラフトマンの事業展開の新聞報道A.jpg
(イークラフトマンの事業展開の新聞報道)
イークラフトマン新会社概要A.jpg
(イークラフトマン新会社概要)
4・18(その5)ベトナムの 苦労話や 勉強会A.jpg
(講義風景:ここをクリックでパノラマ写真
posted by esre at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学