...

2019年07月03日

eSRU第14期第6講

 eシルクロード大学(eSRU)第14期第6講は、2019年6月20日(木) 18:00〜19:30
講師に札幌国際大学観光学部講師 陳堯柏(チェン ヤオボ)先生をお迎えし、
「テクノロジーの発展と語学学習の多様化」の演題でお話を伺いました。
場所は、ユビキタス協創広場U-calaでした。
 講義は、陳先生の自己紹介から始まりました。先生は、台湾出身で兵役を終了後、アメリカの大学に留学しComputer Information Systemを専攻されました。大学卒業後、アメリカの会社に就職しテクニカルサポートエンジニアとして活躍しました。その後、アメリカのニューハンプシャーにある大学で英語教育について学び、台湾で英語学校の経営に携わったのち、現在は、札幌国際大学で英語および中国語教育に携わっています。
 講義では、語学学習における道具の歴史をふりかえり、プロジェクター、カセットテープ、CDプレーヤー、ビデオやDVD、コンピュータ、SkypeなどのチャットやYouTubeを使った語学教材の紹介がありました。語学学習の次世代教材は、AIになるのでは?という予測もあり、興味深い内容でした。
 陳先生は、テクノロジーの発展に伴う教材などの多様化が、実際にどれだけ語学の上達に貢献しているのか、また、語学学習では学習者のモチベーションをどのようにして高めるのかが重要な課題であると考えています。
 参加者からは、
・語学学習はスポーツの練習に似ているのではないか?
・リスニングラボはなくなる?
・翻訳機があれば語学を学習しなくても良いのではないか?
・日本語のあいまいな部分を考えた場合、AIが翻訳できる日本語が正しい日本語であるとなってしまうのではないか?
・多言語を習得した人は、アウトプットをしない時はどの言語で考えているのか?
などの興味深い質問があり、活発な議論が繰り広げられました。
 参加者は8名でした。

講演中の陳先生1A.jpg
(講演中の陳先生)

講演中の陳先生2A.jpg
(講演中の陳先生)

陳先生講演スライドA.jpg
(講演のスライドから)

6・20(その3)良く喋る トリリンガルの 講師かなA.jpg
(講演風景、ここをクリックでパノラマ写真
posted by esre at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学