...

2008年06月19日

eSRU第3期3講目

 eSRUの第3講目は以前の案内にあるように「ブログ本を作ってみよう」のテーマで、青木、福本工業の福本社長、共同文化社の長江さんの三人の講師で講義が行われました。

 ブログ本作りのケーススタディとして「都市秘境本」の例を取りあげて、青木がブログ本出版の経験談を話ました。

 福本氏は「ワンワンの会社勤務」1〜3のブログ本を著者の福本チョコさんを傍に置いての話です。途中著者が教室内を動き回り、著者としての存在をアッピールしていました。ブログ本出版にあたっての税務署とのやりとりの生々しい話などもありました。話によると、会社の宣伝は一切行っていない本ながら、ブログ本による会社の宣伝効果は大きなものがある(税務署を説得することも手伝ってこの点を強調する必要があります)点を、実例を示しながらの解説でした。







 出版社の立場から、ブログ本を出版するに際しての留意点などの具体的話が長江さんからありました。ブログと本の違い、ブログの人気だけでは売れる本にはならない点、売れる本にするための工夫等々の話がありました。聴衆者にはブログ本を作ってみたい方もおられ、講義終了後も長江さんに質問していました。






posted by esre at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
質問ですが、この講座はどのようにすれば参加できるのでしょうか?
Posted by 阿部悦夫 at 2009年01月06日 08:57
阿部様 コメント欄のチェックをしていなかったので、回答が大幅に遅れてしまいました。この講座は聴講希望者に無料で開放されています。一応、一年間の学期制で、現在は第三期目で、学生(聴講生)がフィックスされています。が、その時々で聴きたいテーマがあれば自由に参加できます。
 毎月の第三木曜日の午後6:00〜で、場所は札幌産業振興センターです。
 次回は2月19日(木)で、講師はクリプトン・フューチャー・メディア社長の伊藤博之氏です。
Posted by at 2009年02月11日 06:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16183828

この記事へのトラックバック