...

2017年11月08日

eSRU第12期第11講案内

eシルクロード大学(eSRU)第12期第11講案内です。

日時:2017年11月16日(木)18:00〜19:30
講師:元北海道新聞社出版局局長 中山明展氏
演題:「今なぜ本か? わたしの読書法」
場所:ユビキタス協創広場 U-cala
   北海道札幌市中央区北1条東4丁目1-1
   サッポロファクトリー1条館1階
   http://www.uchida.co.jp/company/showroom/canvas/sapporo/index.html
内容:
 大人も子供も本よりスマホの時代である。67歳の私はスマホも携帯も持たない本派だ。本の中には人類の知恵がつまり、未知の世界へと誘ってくれる。そんな本の楽しさを、お伝えしたい。
1、自由人の本ざんまい
定年退職の後、「月10冊本を読む」を目標とする。2010-15の6年間は達成。昨年は76冊だった。
2、なぜ本を読むか
  「百聞は一見にしかず」、聞いた千遍より見た一遍というのは青年のやること。老人になると残る時間は少ない。「一見より百読」。本には知らない世界が広がる。その中で一番ひかれたものを見に行けばよい。
3、私の好きな本(人)
  ・鶴見俊輔さん 「言い残しておくこと」(作品社)など。行動する哲学者だった。
  ・黒田清さん 「新聞が衰退するとき」(文藝春秋)など。大阪読売でジャーナリズム魂をいかんなく発揮。ナベツネ路線に反発して退社後も黒田ジャーナルで活躍した。
  ・荒又重雄さん 82歳の北大名誉教授(経済学)。「残日録−新しい労働文化のために」という小冊子を毎年発行。その読書量、行動力は老人の鑑。
(番外)村上春樹はなぜノーベル賞を取れないか
4、あふれる本をどうするか
  ・東北に本を贈る運動
   北海道ブックシェアリングの東北に図書館を再建する運動に共感、2011年から毎年100〜200冊を寄託。
  ・いい本旅立ち作戦
   100冊贈っても、同じくらい買うので少しも減らない。そこで東北200冊、その他お世話になった図書館等(母校札南、初任地浦河の図書館など)に100冊の計300冊に増やす。手放しがたい本も送り出す(伊藤整文学賞の全49冊など)。
5、初めてつくった本(本づくりの楽しさ)
  昨年4月に自費出版した「川崎彰彦傑作撰」(300冊)の顛末記。
posted by esre at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181518231

この記事へのトラックバック