...

2018年11月20日

eSRU第13期第11講

 eシルクロード大学(eSRU)第13期第11講は
2018年11月15日(木)18:00〜19:30
講師に北海道科学大学客員教授青木由直氏に「中国ネット社会管見」
同大学教授三橋龍一氏に「WeChatの実際」と題した講義を行って
いただきました。
 場所はいつものユビキタス協創広場 U-calaでした。

 青木・三橋両教授のお話は先月10月の19日〜25日、中国の西南交通大学の招待で成都市と唐山市を訪れた時に見聞きした、現在の中国のネット社会とそれを成り立たせている主要なツールとしてのWeChatに関するものでした。
 青木教授からは、かつて北大の同教授の研究室で博士号を取得して成都に戻り、「華日通訊」社の総経理(社長)を勤めている莫舸舸氏の案内による同社の紹介がありました。発展する同社の状況から、中国のIT企業の急速な発展を垣間見る事ができるお話でした。今回の招待の労を取っていただいたのは西南交通大学の侯進准教授で、侯先生の研究室の様子の紹介がありました。同研究室にはアフリカからの留学生も在籍しており、中国政府がアフリカ諸国との連携を強めているのが大学にも影響しているのが感じられました。
 中国がネット技術の発展を促進させ、キャッシュレス社会に入りつつある現状を、日常生活のいくつかの例での紹介がありました。大学の自動販売機もQRコードをスマホで読み取り、その場で支払いを行って物を受け取るやり方などは、中国ではごく普通に見られるものです。街のレストランの支払い、タクシーの支払い、通路に置かれたマッサージ器もスマホで支払いが行われます。レンタサイクルにもQRコードが貼りつけられていて、スマホで自転車を借りるようになっています。
唐山市のタクシーでの支払いA.jpg
(唐山市のタクシーでの支払い)

 侯先生の支払いはWeChatを利用したもので、この支払い機能があるためWeChatが広く利用されるようになっています。当然ながらWeChatはメッセージや画像の送受信も行え、帰国後侯先生から届いたWeChatには西南交通大学の唐山研究生院での講演の画像や同学院長銭先生との贈答品のやり取りの画像もありました。これらの画像を表示しながらの説明がありました。
11・15(その2)中国の ネット社会の 管見談A.jpg
(WeChatによるデータ送受信)

 余談として、成都市で撮った写真の撮影場所をGoogle Mapから捜し出す、クイズ・ツーリズムの新しい概念のインターネットを利用した観光旅行のアイディアが、提唱者の青木教授から紹介されました。
成都府河のクイズ・ツーリズムA.jpg
(成都府河のクイズ・ツーリズム)

 三橋先生のお話はWeChatの実際で、中国でWeChatをインストールしてその使い勝手等の具体的な紹介例がありました。WeChatの機能は日本で使用されているLINEとほぼ同じです。違うのはWeChatには決済機能があるのにLINEには無い、WeChatは日本でも使える(決済機能を除いて)のに対して、LINEは中国では使えない、単純比較で人口が13対1で,利用者数で圧倒的にWeChatが有利である、WeChatではプライバシーを犠牲にしてでも広くコミュニケーションが行える事に力を入れているのに対してLINEはプライバシーを重視する、等が挙げられます。
 三橋先生が中国で、WeChatで自動販売機の物が買えたのに、日本で同様な事が出来るといわれていたビックカメラ札幌店ではそれができなかった。日本人同士(三橋・青木)でWeChatの財布にある中国元のやり取りもできず、中国国内を旅行した時でなければ使うことができない。現状では日本国内でのWeChat利用には制限があるけれど、WeChat利用の規則がどんどん変更されていて、その内日本でも決済機能が生かされるようになるかもしれなく、そうなればWeChatが世界のデファクトスタンダードになる可能性を秘めているとの事でした。
 WeChatのライブ実演もありました。成都市の侯先生とeSRUの会場間を結んで、侯先生から文字、音声、動画のデータを送ってもらい、三橋先生のスマホで撮影した会場の動画を成都に送り、ほぼ即時でテータ付きのチャットが行えることをデモしていただきました。
侯先生(成都)と三橋先生(eSRU会場)でのWeChatでのやり取り画面A.jpg
(侯先生(成都)と三橋先生(eSRU会場)でのWeChatでのやり取り画面)

成都に送ったeSRU会場の動画A.jpg
(成都に送ったeSRU会場の動画)

 参加者は講師も入れて12名でした。
11・15(その3)即応で 国境感じず チャットなりA.jpg
会場の様子:ここをクリックでパノラマ写真
posted by esre at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185012192

この記事へのトラックバック