...

2019年02月28日

eSRU第14期第2講

eシルクロード大学(eSRU)第14期第2講は
2019年2月21日(木)18:00〜19:30
講師に(株)メディア・マジック社長 里見英樹氏をお迎えし、  
「バスロケの取組&気になるデバイス「AUMEO AUDIO」の実演」の
演題でお話を伺いました。場所はいつものユビキタス協創広場 U-cala
でした。
 まず里見氏が社長を務めているメディア・マジック社のスタートアップから現在までの説明がありました。現在の会社を起業する前に勤めていた会社では、パソコンの黎明期に当たり、大手の会社が製造するパソコンのアプリケーションソフトを開発して成功を収めました。その後里見氏の起業に対して出資する人が居られ、現在の会社を興すことができました。
 1996年にスタートしたエヴァンゲリオンのスクリーンセーバーの開発が縁で、2001年からエヴァンゲリオンのi-modeサイトを手掛けています。当時は大手の携帯電話会社へのアプリの組み込み承認は大変な難関であったそうです。その後、モバイル向けのコンテンツをローコストで高品質に提供するためのCMS(コンテンツマネジメントシステム)、ケータイスタジオの開発を手掛け、現在までに50サイト以上、100万人のユーザーに利用されるまでになりました。
 2007年のiPhone発売以降、市場環境が急激に変化しました。携帯電話ではオープンなインターネットコンテンツが利用できるようになり、コンテンツビジネスは月額課金からゲームアプリに代表される都度課金型のビジネスモデルに転換して行きました。メディア・マジック社でも、従来型の月額サイトと並行してアプリ開発を進めるようになり、現在までに数多くのアプリを開発、配信してきています。
同社ではコンテンツビジネスと並行してシステム開発を行っています。バスの利用客の利便性を高める「バスキタ!」の開発で、その開発の経緯の説明がありました。これはバスの利用客から次のような不満の声や先入観があることに端を発しています。
●バス停で長時間待たされるかもしれない…
●バスがいつ来るかわからない…
●バリアフリー車両じゃなくて乗れなかった
●バスは何かと不便なことが多い
 このような問題点からバス利用から遠ざかる客を呼び戻し、実際に利用する際の悩みや問題点を解消したい、との想いが「バスキタ!」開発のきっかけだったそうです。運行中のバスから利用者のスマホ等にバスの現在位置や遅れ情報等を伝えるアプリを開発し、実用化に向けて実績を重ねてきました。
 2014年にジェイ・アール北海道バスの協力と経済産業省の支援を受けて実証実験をスタートさせています。その後、旭川市での本格導入、札幌市「さっぽろえきバスnavi」のリニューアル案件などの実施を経て、道内だけでなく、道外へも利用拡大に向けて営業を展開中です。現在、旭川電気軌道、道北バス、ふらのバス、JR北海道バス、ばんけいバス、琴参バス(香川県丸亀市)でサービスを提供中とのことです。
 最後にAUMEO AUDIO」(オウメオ オーディオ)のクラウドファンディングで里見氏が入手した聴覚測定アプリと組み合わせた音楽の音質をユーザー毎に最適化する次世代ヘッドフォンアンプの紹介がありました。
 音の聞こえ方、つまり「聴覚」は一人ひとり違うので、人によってはある周波数の音が聴き取れていない可能性が高く、本来の楽曲の良さが伝わっていないことが予測されます。これに対処するため、各人の聴覚特性に合わせて音質を最適化できる、ポータブルヘッドフォン・アンプがAUMEO製品として開発されています。
 まず、シングルトーンで左右それぞれ6つの周波数の聴覚測定を実施し、調整(キャリブレーション)を行い各人の可聴特性プロファイルを作成します。次に個人毎に可聴困難領域の音のレベルを補正し、最適化した音に仕上げます。こうした前処理を施すと、加齢とともに高域や低域気が聴こえづらくなっている楽曲や、映画の効果音を、最適化したDSPアンプを介すことにより、聴く人が若返った聴覚を得たかのようなシャープで迫力ある楽曲として楽しめます。
 講義では聴覚に問題ありと自覚している聴講者が被験者となり、実際に聴覚測定から始まり、最適化した楽曲の評価を行うデモが行われました。結果として良い評価がありました。聴講者から、この類のシステムの将来展開の可能性について質問やコメントがありました。
 聴講者は8名でした。

追記:講義後、会場近くのビアケラーのレストランで講師を交えての飲み会の最中に地震があり、この地震で市営地下鉄はこの夜は全面運休となりました。講師の里見氏は車の代行でしたが、地下鉄利用の中本氏、新山氏に筆者は一時帰宅難民になりました。筆者は新山氏の会社の社員の出迎えの車で帰宅できました。
講義中の里見氏A.jpg
(講義中の里見氏)

メディア・マジックの携帯アプリの紹介A.jpg
(メディア・マジックの携帯アプリの紹介)

バスキタ開発の沿革A.jpg
(バスキタ開発の沿革)

聴覚測定デモA.jpg
(聴覚測定デモ)

2・21(その2)難聴者 デモ実験に 駆り出されA.jpg
(講義風景、ここをクリックでパノラマ写真
posted by esre at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185637828

この記事へのトラックバック