...

2019年09月07日

eSRU第14期第9講案内

eシルクロード大学(eSRU)第14期第9講案内です。
日時:2019年9月19日(木)18:00〜19:30
講師:北海道科学大学教授 三橋龍一先生 
演題:「CFを契機に本格的にスタートした衛星プロジェクト」
場所:ユビキタス協創広場 U-cala
   道札幌市中央区北1条東4丁目1-1
   サッポロファクトリー1条館1階
   http://www.uchida.co.jp/company/showroom/canvas/sapporo/index.html
内容:北海道科学大学の「宇宙開発研究同好会」では、特に昨年(2018年)からCubeSatと呼ばれる超小型衛星の開発を本気で取り組む元気がある学生が部員となり、本格的に活動を開始しています。その同好会の顧問であり、初の道産衛星となった超小型衛星「HIT-SAT」の開発チームの主要なメンバーであった同大三橋龍一教授が同会を支援し、衛星プロジェクトのスタートの準備を行ってきています。昨年度からの学内の活動に加え、学外的にはクラウドファンディング(CF)で衛星プロジェクト活動の広報に努められてきています。本年7月26日に開始した前記CFから現在に至るまでの経緯について解説していただきます。項目は下記となる予定です。
〇2019年北海道科学大学オープンキャンパスでの衛星プロジェクトの紹介の様子
〇北海道新聞社のCF find Hでの広報活動
〇衛星通信の予備段階としての旭岳と手稲山間(約150 Km)の通信実験
〇JAXAの超小型衛星放出事業に係わる準備状況
posted by esre at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186526978

この記事へのトラックバック