...

2019年11月30日

eSRU第14期第11講

 eシルクロード大学(eSRU)第14期第11講は
2019年11月21日(木)18:00〜19:30、講師に
潟nイデックス・和島会長和島英雄氏をお迎えして 
「電気工事業にeラーニングで『共育』を」の演題で
お話を伺いました。場所はいつものユビキタス協創広場 U-calaでした。
 少子高齢化や新卒採用の売り手市場で技術・技能系の人材確保が難しくなってきています。世代交代が急速に進む中、人材育成の早期化や若年層への技術継承は電力会社の各部門で共通の課題となっています。この現状に対処するため、電気工事業における人材育成や研修制度と「e ラーニング」の組み合わせについて考え、電気工事業の「e ラーニングシステム」の構築に関する試案について語っていただきました。
 最初に和島氏の経歴につき自己紹介がありました。林業土木コンサルタント会社や測量会社勤務の後に電気事業に関する測量設計事務所を開業し、現在の会社になっています。
 本題の講義に入り、まず左官工業における「e ラーニング」の導入例の紹介がありました。具体的には原田左官工業と中屋敷左官工業の例を動画で見せていただきました。これはプロの職人の模範的作業を動画で見て、自分の作業と比較しながら技能を身に着けていく方法です。1年間で塗りの技術を身につけ、4年で職人になれるようなプログラムが用意されていて、成功を収めているとの紹介がありました。動画はユーチューブで公開されていて、見習い工はそれを見ながら自主的訓練(自主練)ができるようになっています。
 電気工事業の人材育成・技術継承に「e ラーニング」を採用せねばならない現状や背景の説明がありました。少子高齢化や新卒の売り手市場により技術・技能系の人材確保が難しくなってきている背景で、世代交代が急速に進む中、人材育成の早期化や若年層への技術継承は電気工事関係企業の共通課題になっています。
 電気工事業務に必要とされるスキルは、保守業務では点検、事故対応、現場作業等があり、工事業務では工事・計画設計、工事管理、検査・試験等があります。これらの技能を身に着けてもらうため、「e ラーニング」を導入を考えているとの事です。導入に当たっては「教育」ではなく「共育」に重点を置く方針であるとの事です。単に仕事のスキルを教える事から、仕事の達成感や自己実現を「e ラーニング」に付与することで、システムがうまく機能するのを狙っているとの事でした。
 「e ラーニング」システムは構築段階で、その案が示されました。共育人材育成へ向けてのシステム活用のステップも流れ図で提示されました。これら一連の講義に対する質問やコメントが聴講者から出され、特に学生からの提案がありました。普通の動画では興味が湧かないので、ゲームやクイズ形式にしてスコアにより全員で評価しては、といった学生の感覚での意見がありました。有名人を使って動画を作成する、ユーチューバーと契約してコンテンツの制作をしては、といったコメントもありました。
 その一方で「e ラーニング」で教えられるままにロボットのようにはなりたくないのでは、ゲーム感覚で身についたスキルは実際的なものにはならないのでは、新入社員に徹底したヒアリングを行ってからシステム構築を進めるべきだ等々の意見も講義後の飲み会で耳にしました。いずれにせよ、システム作りには難題が横たわっているようです。
 聴講者は北海道科学大学の学生6名ほどを加えて14名ほどでした。

和島氏の経歴A.jpg
(和島氏の経歴)

講義中の和島氏A.jpg
(講義中の和島氏)

「e ラーニング」システム構築案A.jpg
(「e ラーニング」システム構築案)

11・21(その4)「共育」を 老青聞き手に 伝えたりA.jpg
(会場風景・ここをクリックでパノラマ写真)
posted by esre at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186866320

この記事へのトラックバック