...

2020年01月23日

eSRU第15期第1講

 eシルクロード大学(eSRU)第15期第1講は
2020年1月16日(木) 18:00〜19:30講師に
北大名誉教授・北科大客員教授 青木由直氏をお迎えし
「爪句集全50巻出版に向けて」の演題のお話を伺いました。
場所はいつものユビキタス協創広場 U-calaでした。
 同講師はこれまでA7判200ページ、オールカラーの爪句集の出版を続けて来ており、現在クラウドファンディング(CF)の支援を受けながら第42集目の出版を進めています。今後3年間で当初の目標の第50集までの出版が視野に入って来ています。全50巻の出版に向けて、過去の実績を引用してその実現につき語っていただきました。
 「爪句」なる造語がどのような経緯で作り出されたのかの解説がありました。新聞記事を引用して「デジタル文芸」の一環として爪句の創作を開始した経緯、1万句を目指して作句を続け、作品を毎日ブログ記事として投稿いる紹介がありました。ドローンを飛行させ撮影した全球パノラマ写真に爪句を付けた例を、ネットで全球パノラマ空撮写真をアクセスし表示するデモあり、爪句の1例が示されました。
 ブログ記事をカテゴリー別にして爪句集に編集、出版しており、「クイズ・ツーリズム」のテーマで出版された爪句集の紹介がありました。ここで「クイズ・ツーリズム」は講師の造語でもあり、その意味するところの解説がありました。又「爪句@マンホールのある風景」は北海道新聞の書評でも取り上げられ、その紹介がありました。
 爪句集にビットコインで定価を表示する試みのお話がありました。相場の変動が激しいビットコインによる本の定価の表示は現実的な意味を持たないとしても、ビットコインの口座のQRコードが印刷された本としては、他に類をみないとの解説がありました。講演時のビットコインの相場をネットでチェックするデモも行われました。
 書籍出版のCFのノウハウ等についても、これまで5回ほどのCFを実行した実績を基に、語っていただきました。新しく開始されたCF会社のfind HでCF実行者(アクター)の支援に工夫があってもよいのではないかの視点からの解説がありました。ACTNOW社のCFによる「爪句@天空物語り」出版は、北海道科学大学の「宇宙開発研究同好会」の活動支援も目的に加えたCFで出版された爪句集で、集まった支援金の半額が講演時に講師から同好会へ寄贈されました。
 出席者は10名でした。

デジタル文芸紹介記事A.jpg
(デジタル文芸紹介記事)

クイズ・ツーリズム爪句集A.jpg
(クイズ・ツーリズム爪句集)

ビットコイン定価爪句集A.jpg
(ビットコイン定価爪句集)

find HのCF宣伝A.jpg
(find HのCF宣伝)

ACTNOWのCF画面A.jpg
(ACTNOWのCF画面)

1・16(その5 )手抜きして 自分に来たり 講師役A.jpg
(講義会場風景:ここをクリックでパノラマ写真
posted by esre at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | eシルクロード大学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187069252

この記事へのトラックバック